こんなことが気になっていませんか?

  • 「学校に行きたくない」などの【行きしぶり】がある。
  • 勉強は問題なくできるけど、友達との関係が築けない。コミュニケーションが苦手。
  • 集団行動が苦手で、大人数の騒がしい教室に入ることが怖い。
  • 勉強に集中できない。
  • 学校の課題が提出できない。
  • 生活リズムが乱れて、朝起きられずに登校できないことがある

不登校や引きこもりに進行する前に

放課後等デイサービスは、学校に在籍する生徒を対象とした児童福祉サービスです。
辻義塾では、学校生活に不安があり、「行かなければと分かっていても行きたくない」というような、【行きしぶり】といわれる状態の、障害特性のあるお子様とご家族に対しての支援も行っています。
学校生活の不安や困りごとの原因を整理した上で、在学中の学校との連携を図り、お子様が安心して学校生活を送るための環境整備に努めています。

学校や家庭以外の第三の居場所として過ごしていただき、その中で学校生活の不安になっている原因を探り、安心して登校するために必要な課題に取り組んでいきます。学校生活やその先の社会生活で安心して過ごすためのソーシャルスキルのトレーニング、時には、お子様の障害理解や特性と向き合うための支援も行っています。また、ご本人とご家族のニーズを整理し、将来を見据えた進路について一緒に考えていきます。

行きしぶりが進行すると、不登校や引きこもりに進行する可能性が高くなります。そうなる前に、学校生活やその先の社会生活で安心して過ごすためのソーシャルスキルのトレーニングをしてみませんか。
「行きしぶり」の兆候に気づいた、障害特性のあるお子様の学校生活に不安がある、気になっていることがあるという方は是非ご相談ください。